股縄バイブで公園散歩

 車から外に出たら、スカートは下ろしていい。駐車場に誰かいても、普通に歩いている分にはノーパン股縄でバイブ責めだれているとはわからないから。

 それに挿すのは前の穴だけだから、キツくて歩けないこともないだろう。物足りないようなら、物陰でバイブの強さを調整してやるよ。その時は、自分からしゃがんで股をM字に開きなさい。
 
 人通りが無くなる場所まで来たら、裾をまくって大きなお尻を突き出してごらん。これも記念に写真を撮ってあげるから。人の気配を感じたら、すばやく下ろさないと見られるぞ。わかったね。

 野外でのセミヌード撮影は、堂々としていないと却って目立つ。お前の背中にいる人たちや、池の向こうを行きかう人たちに気づかれないように注意しながら、刈り込んだ恥毛と牝穴を俺にだけ晒すんだ。

 ポーズを少しずつ変えながら、何枚も写真を撮るからな。俺がいいと言うまで、股間を隠したりスカートを下ろしちゃだめだ。自然な仕草で、少しずつ股を開いていきなさい。お前がぐずぐずしていたら、いつまでも撮り続けることになる上に、後でたっぷりのお仕置きが待ってるぞ。

「 股縄バイブで公園散歩 」へのご感想等は、こちらからどうぞ → 【メールフォーム】
QLOOKアクセス解析