ふた穴バイブ責め

 お前はアナルヴァージンだけでなく、バイブヴァージンでもあるんだな。それは嬉しいね。

 牝穴に挿すのは、スーパーアクメマックスというバイブ。これは、以前に渡したオルガスター・ビッグのバイブバージョンだ。オルガスターは震えるだけだったからローターに分類されるようだけど、振動とともにくねくねと動くのが特徴だ。

 一方のアナル用バイブは、性感アナルクリニックという製品だ。太さはそれほどでもないが、こちらもくねるのが特徴。指で肛門を充分にほぐした上に、たっぷりとワセリンを塗ってやるから、痛くはないだろう。薄い膜を挟んで蠢くバイブたちが、お前のどんな顔を見せてくれるか楽しみだ。

 四つんばいにして、両方のバイブを手で奥まで押し込んでやるのもいいが、淫らなお前の表情を視姦したいから、仰向けにしてやろう。大人のおもちゃで嬲られる顔を俺に見てもらうのが、牝としての喜びだと言ってたよな。

 両方の太ももとふくらはぎをくっつけて縄で縛りつけ、その上で左右の足の裏を合わせて縛ってやろう。どれほど恥知らずな格好になるか、イメージしてごらん。ふた穴にバイブを挿された姿を、デジカメで撮ってやるからね。

 パワーを上げるに連れ、お前のあられもない嬌声が、ホテル中に響き渡るだろう。それを聞かれるのが恥ずかしいなら、顔についている最後の牝穴も塞いでくださいと、自分からおねだりするんだ。いいね。

「 ふた穴バイブ責め 」へのご感想等は、こちらからどうぞ → 【メールフォーム】
QLOOKアクセス解析